« 辞書にない単語の探し方 Ⅱ | トップページ | Binôme »

2005年11月11日 (金)

bonnes pratiques

Bonne(s) Pratique(s) ~

(実施、実践にあたっての)「基準」「規範」など。英語では「good ~practice(s)」。

「bon」とくるので柔らかそうなイメージだが、きっちりとした定訳や法律があることが多いので調査が必要。そのまま「グッド・プラクティス」とカタカナ英語で訳す場合もある。なお、フランス語では複数形が多いのに対し、英語は単数形で使用されることが多い。

フランス語で後に続く基準の内容部分は英語の場合、「good」と「practice〈s〉」の間に挟まれる。

考え方としては、

「よい実践方法」→「よいやり方」→「手本とすべき方法」→「基準、規範」となる。

例:

「BPC(Bonnes Pratiques Cliniques)」:(英語「GCP〈Good Clinical Practice〉」)

(訳)「医薬品の臨床試験の実施の基準」(「の」「の」「の」と続き何となく気持ち悪いため、「医薬品臨床試験における実施基準」あるいは「医薬品の臨床試験にあたっての実施の基準」などと訳したくなるが、定まった省令名であるため、これを遵守する):(意味)人を対象とした臨床試験治験が倫理的な配慮のもと、適正かつ科学的に実施されることを目的として定めた基準。

「BPL(Bonnes Pratiques de Laboratoire )」:(英語「GLP〈Good Laboratory Practice〉」)

(訳)「医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準

「BPF(Bonnes Pratiques de Fabrication)」:(英語「GMP〈Good Manufacturing Practice〉」)

(訳)「適正製造基準」「適正製造規範」「製造管理及び品質管理基準」など。フランス語の「Fabrication」は英語では「Manufacturing」に変わる。一般的な用語であり、業界により定訳がある場合も多いため、逐一調査の必要あり。

また、同じように「Bon usage ~」という言い方もある。訳としては「使用基準」「使用規範」など。こちらは単数形が多い。英語では「good ~using」であるが、「good practice」ほどは使われないようである。

例:

「BUM(Bon Usage du Médicament)」:(訳)「医薬品使用基準

|

« 辞書にない単語の探し方 Ⅱ | トップページ | Binôme »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122217/6940625

この記事へのトラックバック一覧です: bonnes pratiques:

« 辞書にない単語の探し方 Ⅱ | トップページ | Binôme »